アラフィフ、夏はかごバッグで涼しげに

スポンサーリンク

アラフィフのファッションと、夏のかごバッグについて論考してみましょう。

かごバッグは、夏ならではのアイテム。

言い換えれば、いつものコーディネートにかごバッグを持つだけで、一気に夏の雰囲気になります。

ということで、今回は夏のかごバッグについてです。



スポンサードリンク↓


一般的なのはトートタイプですが、この画像のかごバッグは配色がポイント。

ブラウンとベージュのバイカラーはありがちですが、底の部分、ぶどう色がきいています。

持ち手と留め具はレザーのようです。

容量もたっぷりありそうなので、夏のヘビロテバッグになりそうですね。

こちらはもう少しこぶりなかごバッグ。

カーデの肩掛け、アラフィフもしてる?』の人ですね。

底の部分を見ると、あまり収納力はなさそうですが、ハンドバッグ感覚で持てるかごバッグですね。

ハートみたいな形が、ガーリーです。

アラフィフには無理めの可愛さですが、あえてラフなスタイルに「はずし」で合わせたらいいかも。

それにこのタイプはもしかしたら浴衣にも合うかもしれません。

浴衣スタイルはまだ街で見かけませんが、花火大会の頃になればたくさん見られそう。

みんなどんな浴衣で、どんな小物を合わせるのか楽しみです。

そしておまけのかごバッグ。

かごバッグ

こういうクタッとしたバッグ、はたしてかごバッグとよぶのかどうか…編みバッグとでもいったほうがしっくりきますが、かごだって編んであるわけだし、その意味ではかごバッグと仲間なのかな…

どっちにしても、このバッグは前の2つに比べると、ぐっと普段着ぽくなります。

もしかして手作りなのかな、と思うぐらい。

手提げ袋感覚で持てるバッグですね。

ワンマイルウェアという言葉がありましたが、さしずめ「ワンマイルバッグ」といったところでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました